動物

ペットの皮膚病は日頃のケアが肝心|早期発見・早期治療を心掛けよう

業者に頼みましょう

遺影

大阪には多くの家庭があって、ペットを飼っている家庭も非常に多くあります。ペットを家族同様に扱っている家庭も増えていますから、ペットが万が一にも亡くなってしまったら、業者に依頼してペット葬儀をしてあげるようにしましょう。

この記事を読む

やんちゃな犬種

犬

ひそかに人気が高まっているジャックラッセルテリアですが、性格はとてもやんちゃでトレーニングはしっかりと施してあげましょう。健康体であまり病気はしませんが、毛が粗く堅いため、皮膚病を患う可能性があるため注意が必要です。

この記事を読む

毎日のケアから

獣医

飼い主の役割とは

ペットの病気では、皮膚病がかなりの割合を占めています。ペットの皮膚病は、毎日のケアによって早期に発見することができますので、皮膚病の予防とともに、早期に発見してあげるのが飼い主の役割であると言えます。ペットの中でも猫は皮膚病に罹ることが多く、猫の皮膚病の代表的なものとして、疥癬症、ノミアレルギー性皮膚炎、膿皮症、脂漏症、食物アレルギーなどがあります。そして、それらの原因としては、寄生虫を始めとして、真菌や細菌の感染、アレルギーや食生活、紫外線などの原因があります。また、人間と同じくストレスが原因となって様々な病気にかかってしまうこともあります。皮膚病は命に関わるものではありませんが、少しでも早く治してあげたいものです。

治療法と予防方法は

治療には、人間と同じように内服薬や外用薬が処方されます。軟膏やクリームなどの塗り薬、抗生物質の飲み薬などです。寄生虫が原因となるものには、駆除薬などを用いて、まず寄生虫を駆除することが優先になります。そして、同時に薬剤などで生活環境の消毒も行います。それほど高価なものではありませんが、寄生虫に感染してしまうと猫も飼い主も対策に苦労することになるため、あらかじめ予防を徹底する必要があります。また、アレルギーや食生活を原因とするものは獣医師による原因の特定が必要になり、原因を避けることによって改善することができます。ペットは大切な家族ですので、変化に気づいた時には自己判断をせずに、早めの受診を心掛けましょう。

親犬を確認する

ドッグ

異なる犬種の純血種同士をかけ合わせたミックス犬は、オリジナル性が高く体が丈夫なことから高い人気を誇っています。購入する際には、両親に関する情報が開示されていることを確認することが大事です。実際に親犬を見ておくことで、成犬になった時の姿を推測することができます。親犬の健康状態の確認も重要です。

この記事を読む